ETCカードの役割

高速道路で、ETCカードを利用している方は多いのではないでしょうか。

ETCとは、Electronic Toll Collection Systemの略で、有料道路をスムーズに通過することが可能となるシステムのこと。

当サイトではETCカードの作り方と基礎知識についてわかりやすくご説明いたします。

今や当たり前のように利用されているETCが開発された背景をご存知でしたか?現在発展するクルマ社会の最大の問題は、渋滞であるとも言えるのではないでしょうか。

ETCシステムが導入される前、有料道路を利用するクルマが引き起こす渋滞は、年を追うごとに深刻さを増し、これを解消するために、道路の拡幅工事などが積極的に進められました。

その対応だけでは間に合わず、有料道路のシステム改革が必要となり、ETCのプロジェクトが立ち上がりました。

有料道路で最も渋滞する場所は、やはり料金所です。

従来の料金所では、支払いを行うため、一時停車が必須でした。

これが原因で渋滞を引き起こすことがわかったため、スムーズに料金所を通過できるシステムを作ることになったというわけです。

平成5年に研究が着手され、約10年後には、ほぼ全国の有料道路で使用できるようになり、現在ではETC利用の増加に伴って、渋滞発生の回数、渋滞箇所ともに大幅に減少しているのだそうです。

お手元のETCカードが果たす役割は、現代のクルマ社会を生きる私たちにとって、とても重要なものなのです。